効率良く進めるための転職サイトおすすめ情報

おすすめの転職サイトを評判や口コミからランキング形式で紹介しています。また、求人サイトの便利な機能や、転職の面接マナー・職務履歴書の書き方などのノウハウを掲載していますので、お役立て下さい。

*

転職前にちょっとだけ確認|正規雇用と非正規雇用の違いって何?

   

年収が違います

 細かい部分を挙げていけばキリがない正規雇用と非正規雇用の違い。その中でも、恐らく多くの人が興味を持つであろう部分に焦点を当ててみたいと思います。

 やっぱりお金、これは無視できませんよね。正規雇用と非正規雇用の違いで最も顕著なのが、このお金でもあります。

 年収で見てみると、正規雇用の平均年収は400万円強と言われており、年齢が上がれば上がるほどこれもさらに上がっていくのが、日本の正規雇用の年功序列と呼ばれるもの。

 しかし、非正規雇用は年収の平均が200万円弱と言われており、非正規雇用の中でも働き方によって大きな差はありますが、正規雇用には追いつけないのが現状です。

安心感が違います

 年収が多い正規雇用の方が安心感が強く、非正規雇用の方が安心感が少し弱いのは言うまでもありません。これが、年齢を重ねればさらに差が開くことになるわけですから、将来のことを考え安心感を持ったまま働きたいのであれば、正規雇用を選択するのが賢いのでしょう。

 もうひとつ、雇用契約期間にも違いがあり、これも安心感を左右する部分となりそうです。

 正規雇用は雇用契約期間が決まっていないので、言ってみればずっと働き続けることが可能であり、そういった面で安心感は強いと言えるでしょう。非正規雇用は、何十年も同じ会社で働くのは非現実的であるため、いつ辞めなければならないか、いつ契約が切れるかといった心配をしながら働くことになるかもしれません。

働けば違いがわかります

 正規雇用と非正規雇用の違いがハッキリとわからないと感じている人でも、実際に両方の雇用形態で働いてみれば、その違いを肌で感じることができるでしょう。転職活動中に少し非正規雇用で働いてみてもいいのかもしれません。経験を積むためでもいいですし、転職が決まるまでの間の生活費を稼ぐ目的でもいいでしょう。

 非正規雇用として働くことで正規雇用との給与の差、待遇の差、安心感の差、責任の差などを感じ、最終的にどちらの雇用形態を選ぶのかを決めるのも、非常に意味のあることなのかもしれません。

 - 求人の探し方

  関連記事

no image
転職エージェントを活用する

転職エージェントとは  転職活動は基本的には一人で進めていくものなのですが、最近 …

no image
仕事探しをするための求人情報収集

転職活動とは仕事探し  転職活動とは一体何かといえば、それは簡単にいえば仕事探し …

no image
良い求人を探すためには

良い求人の要素とは  自分の求めている条件を満たした求人があなたにとって一番良い …