効率良く進めるための転職サイトおすすめ情報

おすすめの転職サイトを評判や口コミからランキング形式で紹介しています。また、求人サイトの便利な機能や、転職の面接マナー・職務履歴書の書き方などのノウハウを掲載していますので、お役立て下さい。

*

転職希望者が会社から引き止めにあったらどうする?穏やかに解決する方法を教えます

   

肯定から入ることを忘れずに

 会社からの引き止めへの対応は千差万別。というよりも、会社の引き止めの出方によって変えざるを得ません。ただし、どのような引き止め方をされても、崩してはいけないこちらの対応というものもあります。その中で最重要なものとなるであろう対応が、“肯定から入ること”。

 引き止め方によっては会社や上司などのことをつい否定してしまう人もいるでしょう。しかし、それは間違った対応。どのようなことを言われたとしても、どのような態度で引き止めにあったとしても、必ず相手の言っていることや主張を肯定した上で、自分の意志を伝えなければなりません。

 こうすると、角が立たずに退職を進めていくことができるでしょう。

各常套句への対応策を考えておこう

 「うちには君が必要だ」、「待遇の見直しを検討する」、「辞められたらプロジェクトに支障が出る」、「今いなくなられたら取引先に迷惑がかかる」これらは、転職や退職を希望する人に対して企業が行う引き止めの常套句として使われる台詞たち。こうした常套句に対してある程度対応策を考えておくようにしましょう。

 その言葉に感謝しつつ、しかし頑に退職する意志を伝えるという対応策もあれば、残務処理や引き継ぎには手を抜かず穴も空けないようにすると約束し実行するという対応策もあるでしょう。全ての引き止め方に同じ対応策では後手になることもあるので、常套句ごとへの対応策は持っておくべきですし、持っておいて損することはないでしょう。

退職までのスケジュールを提示

 会社からの引き止めにある程度対応し、もう打つ手が無いと思っても、まだ引き止めの手を緩めてくれるかもしれない対処法は残っているはずです。

 退職までのスケジュールを上司に提示してみましょう。そこには、退職希望日までどのような仕事をし、どのような引き継ぎや手続きを経るのかを含めておかなければなりません。あなたのエゴで固めるのではなく、あくまでも会社のことを考えた退職スケジュールを提示するのが鉄則。

 しっかりと考えられたものになっていれば、強引に引き止めるのは無駄だと思ってくれる可能性が生まれるでしょう。

 - 退職と入社の手続き

  関連記事

転職先に初出勤するまでの注意点

最低限の情報は頭に入れておこう  同業界・同職種への転職であっても、会社が変われ …

退社と退職は何が違うのか

退社と退職の違いについて  退社と退職という二つの言葉があります。これらを多くの …

円満退職をするためのポイント

円満退職は重要  円満退職をすることはとても大切です。きちんとした手続きを経て、 …

入社式での自己紹介について

入社式では自己紹介を行う  転職をすると、新しい職場で仕事を始めることになります …